女性の育毛とヘアサイクルの関係について - 女性の薄毛の原因と対策

女性の薄毛の原因と対策 > 女性の育毛とヘアサイクルの関係

女性の育毛とヘアサイクルの関係について

薄毛に悩んでいる際には髪の毛の育毛や発毛に関して取り組んでいらっしゃることかと思います。
そこで育毛とヘアサイクルの関係について知っておいてほしいんですね。

実は髪の毛には毛周期やヘアサイクルといった周期があります。
このヘアサイクルが育毛を行うことにおいて重要な役割を持っていたんですね。
ヘアサイクルは髪の毛が成長して抜けて休止してそしてまた成長し始めるといった周期のことを指します。
こうして健康的で元気な髪の毛が育っているんですね。

髪の毛が抜け落ちるという休止期とそして生えて成長していく成長期、また成長がとまる退行期があります。
人によってその期間の長さは変わりますが成長期が一番長いですね。
休止期が大体3か月程度で成長期は大体3年から5年程度、退行期が3週間程度となっています。

そして薄毛になってしまう際にこのヘアサイクルが乱れてしまうということが当てはまるのです。
ヘアサイクルが正常な状態ですと成長期の期間やまた髪の毛が成長していく速度において大きく変化はありません。
特に問題なく髪の毛は生えて育っていくこととなります。

ですがヘアサイクルが乱れてしまうことがあります。
それには様々な原因があるのですが、何らかの原因でヘアサイクルが乱れてしまうことでヘアサイクルのうちの成長期が短くなってしまったり、また休止期が長くなってしまったりするのです。
そうなってしまうと髪の毛が生えることよりも抜け落ちていってしまうスピードが速くなってしまい結果的に髪の毛の薄毛につながってしまうんですね。

また女性の場合、更年期であるとヘアサイクルが乱れてしまいやすいというケースが多いです。
というのも更年期は老化によって女性ホルモンが減少してしまうことが原因なのですが、ヘアサイクルの乱れも女性ホルモンが減少してしまうことが原因なのです。
またほかにも不規則な生活習慣であったりストレスやダイエット、睡眠不足などが関係してきます。