女性と男性の薄毛の症状の違いについて - 女性の薄毛の原因と対策

女性の薄毛の原因と対策 > 女性と男性の薄毛の症状の違い

女性と男性の薄毛の症状の違いについて

男性の方も女性の方も髪の毛が薄くなってしまっているという薄毛の症状に対して悩んでいる方もたくさんいらっしゃることかと思います。
ですが実は同じ薄毛の悩みであってもその薄毛の症状の出方って違いがあるものなんですね。
では男性と女性の薄毛にはどういった違いがあるものなのでしょうか。

まず男性に起こる薄毛の症状についてです。
男性は薄毛の症状が頭の頭頂部や前頭部といったところが局所的に起こってくるケースが多いです。
そしてその原因は男性ホルモンによるものであったり、また皮脂の過剰分泌や遺伝、生活習慣が関係しているといわれています。
特に女性に比べて男性の方が薄毛の症状は遺伝的要素が強いとされているんですね。

そして女性に起こる薄毛の症状について紹介します。
女性の薄毛の症状は全体的に起こることが多いです。
髪の毛が全体的に細くなってきて地肌が透けていくような感じですね。
ひょろひょろした細い毛が多くなります。
そしてその女性の薄毛の原因は加齢によって女性ホルモンが減少してしまったことや、また遺伝的な要因、そしてパーマや毛染めを行ってダメージを与えてしまったことや無理のあるダイエットや過度なストレス、生活習慣によるものが多いです。

メカニズムが違うことから女性の髪の毛がなくなってしまうことはありません。
ですが男性は男性ホルモンの影響がとても大きく、一度髪の毛が抜けてしまうとそこから新しい髪の毛は生えにくくなってきてしまいます。
女性の方も男性の方も原因を見極めてそして改善することによって対策をとることが可能です。
あきらめてしまう必要はありません。
もともとの根本的な薄毛の原因を解決して、そしてまた育毛剤であったり医薬品などによって治療や対策、ケアを行っていくことで健康的で元気な髪の毛をはやすことができることでしょう。

男性も女性も悩みは同じですがメカニズムに違いがあったんですね。
でもやはり人それぞれにぴったり合った対策をとりましょう。